合成界面活性剤が含まれたシャンプーの育毛効果は?

シャンプーする人 髪の毛のことを考えたら、きちんとシャンプーを選ばなくてはならないと思っていませんか。
育毛を考えたら、合成界面活性剤は入っていないほうが良いのではないかと思うかもしれません。
では、本当に合成界面活性剤は悪者なのかを考えてみましょう。

そもそも界面活性剤は汚れを落とすためには必要なものです。頭皮には皮脂が付いています。
皮脂はその名の通り油です。油を落とそうと思った時、水だけで落とそうと思っても落ちません。
水をはじいてしまうので、油汚れを落とそうと思っても落ちないからです。

界面活性剤を使うと水と油を混ぜることができるようになります。
界面とは表面という意味ですが、水と油の両方に混ざりやすい性質を持っているのが界面活性剤です。
だから、シャンプーに界面活性剤が入っていることで、頭皮についている皮脂を洗い流すことができます。

界面活性剤と言っても種類はたくさんあります。
天然由来の界面活性剤もあれば、石鹸系界面活性剤、石油系界面活性剤など様々です。
合成というのは天然由来ではなく、科学的に合成された界面活性剤のことを言います。

今ではいろいろな界面活性剤を使ったシャンプーがありますが、合成界面活性剤を使ったシャンプーはあまり良いイメージがないので、避けている人が多いです。
しかし、合成界面活性剤は私たちの生活の中に十分に浸透していますから、すでに使っている人もいるでしょう。

では、育毛効果があるのかないのかですが、必ずしもないとは言い切れません。
合成界面活性剤の種類が多いので、中でも頭皮への刺激が弱いものを選べばあまり問題はないでしょう。
栄養成分がたっぷり入っていれば、育毛効果も十分に期待できます

肌への刺激が弱い界面活性剤、天然由来や石鹸系です。
だから、これらを選んで使っている人もいるでしょう。
合成界面活性剤というと、石油からできているものを思い浮かべていませんか。確かに、石油由来もあります。
実際に多くの人が使っているでしょう。たんぱく質や油脂、糖質などを合成した界面活性剤もあるので、一概にひとくくりにして考えられません。

陽イオン系界面活性剤とは?

問題は、陽イオン系界面活性剤です。
塩化ジステアリルジメチルアンモニウムや塩化ステアリルトリメチルアンモニウムなどがシャンプーに入っている場合です。
これらは、吸着しやすく、残りやすいので、しっかりを洗い流さなくてはなりません。

このような成分が入っているかどうかを成分表で確かめてみてください。
これらが入っておらず、弱酸性と謳っている場合はあまり気にしなくても大丈夫でしょう。
十分、育毛効果が得られる可能性があります。

刺激が弱く、分子が小さい弱酸性であれば、合成界面活性剤であっても大丈夫だと思ってください。
それよりも、どうやって洗髪するのかを考えた方が良いかもしれません。
より育毛効果を得るためには、どうやって髪の毛や頭皮を洗うのかのほうが問題になってきます。
もちろん、刺激が強い場合は育毛どころではなくなることもありますが、刺激が弱いかどうかを確かめれば安心してシャンプーを使えます。

市販のスカルプDやリアップのみで育毛効果は実感できるか

育毛効果が表れてきた人 市販されているスカルプDやリアップは、とても人気があります。
だから、これから使ってみようと思っている人も多いでしょう。
スカルプDやリアップだけで育毛効果が実感できると良いと思っていませんか。
これは、必ずしもあるとは言い切れません。

すでに、スカルプDやリアップを使った人の中には、これだけで髪の毛がよみがえった人はいます。
だから、十分効果を実感できると言っても良いかもしれません。
ただ、薄毛や抜け毛になった人は、人それぞれ原因が違います。
だから、必ずしもスカルプDだけで十分なケアができるとは言い切れません。

シャンプーや育毛剤など薄毛や抜け毛対策としていろいろな用品展開をしているスカルプDやリアップは、多くの薄毛や抜け毛に悩んでいる人を助けてきました。
どのような人に効果が見られたのでしょうか。

薄毛や抜け毛と一口に言ってもいろいろな原因が考えられます。
ストレスや偏食、生活のリズムが不規則などいろいろとあります。
中でもスカルプDで育毛効果を得られた人は、頭皮環境が悪かった人です。
頭皮のかゆみなどが現れている場合は環境が悪化していると思われます。

またリアップにはジェネリックもあります。
リアップのジェネリックはツゲインというもので長期戦となるAGA治療のなかで値段が安いため使用している人がとても多いです。

まずは頭皮環境を整えることが重要

頭皮 頭皮と髪の毛は密接な関係があります。
頭皮が土台となっており、その上に髪の毛が生えます。
つまり、土壌が良くないと良い作物が育たないことと同じです。
だから、頭皮環境を改善しないと髪の毛が抜けやすくなり、生えにくくなってしまいます

頭皮環境を改善する効果がスカルプDには期待できます。
オイリー肌の人ならオイリーをドライ肌ならばドライを使ってみてください。
あくまでも、頭皮環境の話です。

頭皮を触ってみて、べたつきが気になる人はオイリータイプを使うと余分な皮脂は取り除き、必要な栄養を頭皮や髪の毛に供給して頭皮環境を改善してくれます。
頭皮が乾燥している人ならドライを使って頭皮に必要な栄養をしっかりと与えましょう。
頭皮環境が悪いと言っても、人によって違います。
余分な皮脂が毛穴に詰まっている人もいれば、必要な分の皮脂が出ていない人もいるので、タイプ別になっています。

頭皮環境が主な薄毛や抜け毛の原因ならば、スカルプDだけでも十分育毛効果が得られます。
ただし、シャンプーだけではあまり育毛効果が得られないかもしれません。
そういう人は、育毛剤なども併用してみましょう。
そうすれば、より頭皮に必要な栄養がたくさん行き届くようになるので、土壌が良くなります。
そうすれば、ハリやコシのある健康的な髪の毛が生えてくるかもしれません。

ただし、頭皮環境だけが薄毛や抜け毛の原因ではない人の場合は、他の原因も改善しないと十分な効果を得ることは難しいです。
もちろん、スカルプDを使うのは良いことですが、根本的な原因を追究して、できることをしてください。
中には、クリニックに行かないと難しい人もいるでしょう。

自分で薄毛や抜け毛の原因を考えて、頭皮環境が悪いだろうと思ったら、スカルプDを使ってみてください。
頭皮のかゆみによる影響であれば、しばらく使い続けると髪の毛の状態が良くなるかもしれません。
薄くなっていた頭頂部が黒々とする人もいるでしょう。
それでも改善しない場合は、他の原因を突き止めて、できる限りのことをすれば、髪の毛の状態が改善するかもしれません。


ロゲイン

頭皮の状態で自分に合う育毛シャンプーを見つけよう

育毛シャンプー 人気がある育毛シャンプーを使えば、きっと髪の毛が生えてくると期待していませんか。
今ではとても人気があるので、育毛シャンプーの種類が多くなりました。
ただし、どれを使っても良いわけではありません。
とにかく人気があり、評判が良いスカルプDを使おうと思うかもしれませんが、本当にそれでいいのでしょうか。
まずは、自分の頭皮の状態をしっかりと見極めましょう。

頭皮環境があまり良くないので、合成界面活性剤にはくれぐれも注意してください。
天然由来の界面活性剤や石鹸系界面活性剤を選ぶ方が良いですが、なかなか見つからない場合は、刺激の弱い合成界面活性剤が使われている育毛シャンプーにしましょう。
すでに、ここから育毛対策が始まっています。

男性用女性用と耳にしたことがあるでしょう。
男性と女性では、薄毛や抜け毛のメカニズムが違うからです。
頭皮環境が悪いというような共通点があっても、男女で同じ育毛シャンプーを使わないほうが良いでしょう。
ただし、男女兼用もあるので、これなら夫婦など男女で同じものを使っても構いません。

基本的には、男性は男性用を、女性は女性用を使いましょう。
男女別以外にも細分化されています。やはり、洗浄力の高さは重要です。
すでに、薄毛や抜け毛で悩んでいる人はなるべく優しい洗浄力の育毛シャンプーを選んでください。
合成界面活性剤が入っていたとしても刺激が弱いかどうかを調べてから使ってみてください。

頭皮の状態を理解していれば、自分に合っている洗浄力を見極められるでしょう。
頭皮の毛穴をすっきりさせるだけではなく、潤いを与えないといけないなどまで考えてください。
頭皮をよく見て、触って確かめると良いでしょう。

天然由来成分の栄養がたっぷり入っている育毛シャンプーが良いと思っても、種類はたくさんあります。
なかなか選ぶのが難しいかもしれませんが、こういう場合はそれぞれの育毛シャンプーのコンセプトから判断すると良いかもしれません。
汚れを落としながらも栄養をしっかりと与えるというコンセプトであったり、育毛成分がどれだけ充実しているかがコンセプトになっているなど、メーカーによって随分違います。

基本的には、洗浄力を中心に選ぶと良いでしょう。まずは、自分の頭皮を清潔にしなくてはなりません。
汚れをしっかりと落とさないと、どんなに良い成分が入っていても浸透していかないからです。
育毛シャンプーの中には、有効成分をナノ化していることもあります。
より頭皮に浸透しやすくなっているので、判断の目安にするのも良いでしょう。

口コミや売り上げで上位にランクインしているからと言って、自分に合っているとは限りません。
だから、それぞれの育毛シャンプーの特徴を調べてください。
自分の頭皮の状態と照らし合わせれば、どれを使うべきかを自分で判断できるでしょう。
人気があるからと言って飛びつくよりも、ずっと育毛効果を得られるようになるはずです。
種類が多いとなかなか選びにくいでしょう。
通販限定まで登場しているので、大変ですが、たくさんの情報を集めて選んでください。

育毛シャンプーにはシリコンが含まれていない

シリコンの入ったシャンプー シリコンを聞いたことがありますか。
最近では、ノンシリコンシャンプーという言葉を当たり前のように聞くようになりました。
そもそもシリコンとはいったい何でしょうか。

以前は、シャンプーにシリコンが入っていることは多かったです。
今でも入っているシャンプーはあります。
むしろ、シリコンが入っているほうが良いと思って使っている人も多いです。
実は、シリコンは髪の毛の表面をコーティングしています。
だから、一見、髪の毛がつややかな感じがしますが、シリコンがコーティングしているだけです。
シリコンが頭皮の毛穴に入ることで、頭皮環境を悪化させるかもしれません。
だから、今ではシリコンを避ける動きが強くなっています。

シリコンが髪の毛をコーティングすれば、髪の毛に浸透させようと思ってシャンプーに入れていた栄養が髪の毛に浸透しにくくなります。
見た目こそ髪の毛の状態が良くなったようには見えても、中身は全く正反対なので、シリコンはあまり使わないほうが良いかもしれません。

このような理由から、育毛シャンプーにはシリコンが含まれていません。
頭皮や髪の毛に必要な栄養を浸透させなくてはならないので、シリコンが入っていると育毛効果が得られなくなってしまいます。

薄毛や抜け毛になっている人は、頭皮にも髪の毛にも栄養が足りない状態です。
血流も悪くなっているでしょう。
これを改善するためには、頭皮を優しい力で洗って余分な皮脂は落として、潤いを保つだけではなく、いろいろな栄養素を頭皮や髪の毛に与えましょう。

シリコンは、髪の毛のキューティクルを破損する恐れもあります。
キューティクルは髪の毛の表面にあり、髪の毛を守る働きをしています。
うろこ状になっていますが、開いた状態になると髪の毛の内部にある水分や栄養素が逃げていきます。
シリコンによってキューティクルが破損されれば、髪の毛がパサついたり、栄養が足りなくなって切れ毛や抜け毛になるかもしれません。

育毛シャンプーは使う前に必ず確認!

シリコンは手軽に髪の毛をつややかにしてくれますが、見た目だけで根本的には髪の毛にダメージを与える可能性のほうがずっと多いです。
髪の毛はとてもデリケートですから、育毛シャンプーを使うときは、中身を確認してから使ってください。

育毛シャンプーならば、シリコンがまず入っていませんので、シリコンが成分表にどうやって表記されているのかまで知らなくても大丈夫でしょう。
基本的には、洗浄力も適度な強さですし、薄毛や抜け毛で悩んでいるデリケートな頭皮や髪の毛に使っても問題ありません。

以前は当たり前にシャンプーに使われることもあったシリコンですが、すでに頭皮環境が悪くなっており、薄毛や抜け毛で悩んでいる人には良くありません。
髪の毛の状態が良く、頭皮環境が良い人でさえも避ける傾向が強くなっています。
一概に悪者と決めつけることはありませんが、人一倍デリケートな頭皮や髪の毛の人は、シリコンを避けたほうが良さそうです。
たくさん育毛シャンプーの種類がありますが、どれを使ってもシリコンの心配をすることなく、安心して使えます。

おすすめ記事はこちら