ハゲてる人に限って体毛が濃いのはなぜか

疑問を持つ男性 ハゲている人はなぜ体毛が濃くなるのか疑問に感じたことはありませんか。 実はハゲと体毛の濃さには密接な関係があります。

男性ホルモンの作用が強く出てしまいますと、薄毛になってしまう場合があります。 男性ホルモンに含まれているテストステロンには、毛を太くする作用があります。 そのテストステロンをα5酵素で変換したものがジヒドロテストステロンです。 テストステロンが正常に作用をしている場合は、毛髪もしっかりとして体毛も濃くなります。

しかし、テストステロンとおなじくジヒドロテストステロンも多い方は、頭髪がハゲてしまう代わりに体毛が濃くなります。 体毛が濃い方がよくハゲているといわれているのは、男性ホルモンの受容体が過敏に反応をしているためです。

しかし、体毛が濃いだけでハゲることに繋がるわけではありませんので体質や個人差が大きいとされています。 髪の毛の成長に関係するのは女性ホルモンの作用であり、女性ホルモンが多いと頭髪が成長します。 しかし、男性ホルモンが過剰に分泌されて女性ホルモンの作用が少なくなってしまいますと頭髪が少なくなってしまいます。

体毛が濃くなるということは、男性ホルモンが多く分泌されている状態ですのでハゲてしまう原因に少なからず関わっています。 人よりも体毛が毛深いから、将来ハゲてしまうのではと不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

男性ホルモンが過剰分泌されてしまう原因には様々ありますが、規則正しい生活習慣を心がけストレスを溜め込まないようにすることが大切です。 暴飲暴食や夜更かしを繰り返してしまいますと、頭皮の環境が悪化しホルモンバランスを乱してしまう原因を作ることになります。

歳を重ねるごとに体質は変化するので、昔は体毛が薄かったのに最近濃くなってきたと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 男性ホルモンの過剰分泌が原因となりハゲてしまうAGAは自覚症状がないまま進行している場合があります。

体毛が濃くなるのと同じように髪が薄くなってきたと感じている方は、男性ホルモンの過剰分泌が考えられますので早めにクリニックに相談をしてみましょう。 AGAを発症している場合は、体毛が濃くなりハゲやすくなるといわれています。 症状が進行していますと、治療に時間がかかります。

ハゲている人に限って体毛が濃くなるのは、男性ホルモンの過剰分泌により女性ホルモンの働きが低下して髪が薄くなっていることが原因です。

女性ホルモンが多いと髪にどのように影響があるか

男性ホルモンが髪の毛を薄くしてしまうのに対し、女性ホルモンには髪の毛の量を増やしてハリやコシをもたらしてくれます。

女性ホルモンに含まれているエストロゲンには、髪の毛を健康的に成長させてくれる効果の他に、髪の毛が成長する期間を延ばしてくれます。

女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛の毛乳頭細胞に作用をしますので、髪の毛を長く成長させると共に抜け落ちるサイクルを抑制してくれる効果があります。 つまり、女性ホルモンには健康的な髪を頭皮に長く留まらせてくれる作用がありますので、薄毛改善に効果的といえます。

薄毛を改善するためには、女性ホルモンの作用を強くすればいいのは確かですが、髪の毛の成長にはどちらが多くても良いということはありません。 男性ホルモンと女性ホルモンのバランスがきちんととれていることによって、健康的で美しい髪を成長させることが可能になります。

女性ホルモンと男性ホルモンのバランスを整えるためにも、普段から規則正しい生活を心がけることが大切になります。

特にストレスを溜め込みやすい方はホルモンのバランスを崩してしまう傾向にあります。

適度な運動を毎日の生活に取り入れ、リフレッシュをし健康的な髪を作るためにも新陳代謝をアップさせましょう。