育毛に効果があるドライヤーのかけかた!

ドライヤー 育毛のためにも重要なのが頭皮環境を整えることです。 そのためにはドライヤーを正しく使えるようにしておかなければいけません。 毎日の使い方が良くないことで頭皮を傷めてしまう恐れがありますので、誤った使い方にならないようにすることが大切です。

ポイントにまず、いきなりドライヤーをかけるのではなく、十分にタオルドライをしてから使用することです。 そもそもドライヤーを長時間使用すること自体が育毛にとってあまり良いことではありません。 使用時間は極力短い方が頭皮及び髪にとって負担になりにくくなるため、事前のタオルドライを十分に行っておくことが望ましいです。

タオルドライをする時にも意識したいことがあり、大事なのは擦らないようにして水分を拭き取ることです。 頭皮や髪をゴシゴシと擦るようにして水分を拭き取るのは厳禁ですので注意しなければなりません。 上手に水分を拭き取るには、頭皮へとタオルを押し当てるようにすると共に、タオルで髪を挟むようにして優しく水分を取り除くのが基本です。

十分にタオルドライをしたらドライヤーで乾かしていきますが、その際に注意したいのが頭皮からの距離感です。 あまり近くから当ててしまうとダメージの原因になってしまいますので、20センチ程度の距離を保ちながら乾かしていくようにしましょう。

同じところばかりに長時間当てすぎてしまうのも良くありません。 集中的にダメージを与えてしまうことになりますので、ドライヤーを固定して乾かすのではなく、吹き出し口をこまめに動かしながら万遍なく風を当てていくのもポイントです。 ドライヤーを揺らすようなイメージで温風を当てることで、部分的に熱くなりすぎてしまう心配もありません。

ドライヤーを当てる時の場所ですが、特に意識したいのが根本付近です。 髪に覆われている根本は外側よりも乾きにくくなっていますので、内側の方をしっかりと乾かす必要があります。 中に湿気があると雑菌の繁殖の原因になりますから、指で内側の乾き具合をチェックしながら乾かしていきます。

風を当てる向きにもポイントがありますが、髪のためには根本から毛先の方向へと向かって乾かすようにした方が良いでしょう。 髪を保護するキューティクルは毛先の方に向かってウロコ状に生えていますので、乾かす時にも意識することで髪のまとまりを良くすることができるのです。 なお、最後に冷風を使って仕上げをするとキューティクルが引き締まり、手触りを良くすることができます。

髪が薄くなるのは頭皮の乾燥のせい?

ドライヤーのかけ方に注意しなければいけない理由は、誤った方法でかけてしまうと頭皮の乾燥を招いてしまうからです。 そして頭皮を乾燥させてしまうのは育毛の観点から見て良いことではありません。 つまり乾燥を防止するためにも正しいドライヤーのかけ方をマスターしておくことが大切と言えるでしょう。

乾燥が良くない理由ですが、血行を悪くする原因になってしまうからです。 水分が足りなくなることで頭皮が硬くなってしまいますが、その状態は血行も悪くなりがちです。 血行不良が引き起こされてしまうと毛根への栄養供給もスムーズにいかなくなってしまいます。 結果的に薄毛のリスクも高まってしまいますので、そうした事態を招かないためにも乾燥の防止が必要です。

乾燥は頭皮を弱くする原因にもなり得ます。 みずみずしい頭皮状態の場合はバリア機能が正常に働いていますので、外的な刺激にも簡単に負けてしまうことがありません。 ところが乾燥をさせてしまうとバリア機能が正常に機能しなくなってしまいます。 それによって紫外線や整髪料、エアコン、ドライヤーなどによる刺激を受けやすくなり、そうした負荷も薄毛の原因になってしまいますので注意しなければいけません。