育毛剤の人気ランキング!合わせて副作用もチェック

錠剤タイプの育毛剤 薄毛にはいくつかの原因があり、それに応じて育毛剤も使用するものが異なります。 しかし共通してランキングで上位を占めている育毛剤もあり、錠剤タイプから液状タイプなど形状も様々です。 しかし高い効果を得ることが出来るということに対して副作用のリスクもあるため、それを押さえておく必要があります。

ランキング上位の一つにミノキシジルと呼ばれる育毛剤があります。 これは錠剤タイプも液状タイプも販売されており、その人の用途に合わせて使用することが可能と言えます。 薄毛の場合、錠剤タイプを飲むことで体内から改善も可能ですが、臨む場所に効果が届かない可能性もあります。 また液状タイプは頭皮から働きかけますが、十分に毛根まで届かない可能性もあります。 そのためメリットとデメリットはそれぞれにありますが、性能は優れているため十分に効果を得ることは可能と言えます。

ランキング上位のミノキシジルの副作用の前に、育毛効果のメカニズムとしては血管の拡張作用を持っていることです。 血管が拡張されると血液の流れも改善します。栄養は血液によって供給されるため髪の毛への栄養も届きやすくなります。

しかし副作用としては血圧の低下があげられます。 血管が拡張されてしまうことで血管抵抗が少なくなり、血圧が下がり強い心臓の収縮と一回心拍出量の増加を引き起こす可能性もあります。 そのためもともと低血圧の人はリスクがあることと、高血圧のため降圧剤を使用している人は過度に血圧が下がってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

また直接的に健康への影響は乏しいですが、血管が拡張されることで全身の血液供給が改善される体質になっていきます。 そのため体毛に関しても栄養供給が盛んになる為、濃くなってしまうという副作用もあります。

次にフィンペシアと呼ばれる錠剤タイプの育毛剤もランキングで上位を占めています。 フィンペシアは男性の薄毛の特徴であるAGAに対して直接的に働きかけてくれます。 AGAは男性ホルモンが変性して発毛抑制に働きかけてしまいますが、それを抑制するため根本的な治療が可能となります。

しかし副作用としては変性した男性ホルモンの抑制をする中で変性していない男性ホルモンにも影響を及ぼしてしまうこともあります。 そのため体が女性的になってしまうという副作用を与えてしまいます。 その結果、胸が膨らんだり体格の変化なども挙げられますが、ホルモンバランスの乱れを起こしてしまい、健康への影響も考えられるため、注意が必要です。

副作用の少ない育毛剤とは

薄毛に特化した育毛剤の中でも副作用をできるだけ抑えつつ高い効果を示すものも存在しています。 その一つにプロペシアと呼ばれるものがあげられます。 プロペシアはフィンペシアと類似した成分と効果・作用機序を持っています。 その大きな違いとしては海外からの輸入のみとなるフィンペシアと違い、プロペシアは医薬品のため、医師の診断と処方が必要であり薬局のみでの購入となります。

プロペシアに関してもフィンペシアと同様の副作用を持っています。 しかし医療機関でのみの流通となっていることからも健康への配慮にもフィンペシア以上に特化しているといわれることもあります。 また副作用によってホルモンバランスの乱れが起こってしまってもその程度としては軽微であることがほとんどであり、重症化してしまったというケースは現時点では報告されていません。

プロペシアは内服によって育毛効果を維持することが出来ますが、内服をやめることで再び薄毛が進行してしまいます。 しかし長期間服用することで副作用が悪化していくこともないことと、適量を守ることで生活に支障なく効果を得ることが出来ます。 医薬品のため値段はやや高くなってしまいますが。 それ以上に副作用を抑えて健康的に育毛を図ることが出来るため、メリットは大きいと言えます。