育毛剤は女性禁止のイメージだがツゲインは違う

育毛剤を手に取る男性 薄毛の悩みは男性も女性も共通ですが、男性型脱毛症は内服するタイプの治療薬が大々的に売り出され、治療できる病気という認識が広まってきました。 それに対して女性の薄毛治療薬は、まだあまり一般的とは言えません。 治療薬がないわけではありませんが、海外の製品を個人輸入することが多くなっています。

学会が男性型脱毛症に効果があると認めた医薬品は、フィナステリドとミノキシジルの2種類です。 前者は男性ホルモンの代謝に影響を与えるため、男性型脱毛症には有効とされていますが、女性に効果があるというエビデンスは得られていません。 また胎児の男性器の発育を阻害するという副作用が報告されており、特に妊娠中の女性には禁忌とされています。

ミノキシジルはもともと高血圧などの治療薬で、血管を拡張させる作用があります。 頭皮の毛細血管が拡張すると、毛根への血流量が増え、毛髪の合成に必要な栄養分が十分に供給されます。 すると休止期にあった頭髪の成長が再開し、薄毛が解消されるという仕組みです。

ミノキシジルを配合した育毛剤はすでに各メーカーから発売されていますが、いずれも主に男性用です。 薬理作用から言えば、男性も女性も関係なく効きそうですが、女性の場合は体毛が濃くなるという副作用を気にする方が多いためです。

その中でツゲインという育毛剤は、女性でも使用できることが知られています 。 日本で市販されている男性用の育毛剤は、ミノキシジルを最大5%含んでいますが、ツゲインは2%と低めなのが特徴です。 なおアメリカではツゲインだけでなく、5%含んだ育毛剤も女性用として認可されています。 もちろん男性でもツゲインを使うことは可能です。

ミノキシジルには内服薬もありますが、これも男性用とされています。 内服薬は成分が全身の血管を巡ることになるので、ムダ毛も濃くしてしまう可能性が高くなります。 頭皮に直接塗るタイプの育毛剤は、他の部分まで影響が広がりにくいため、副作用が比較的出にくいというメリットがあります。 ただし心臓病や高血圧などの治療を受けている方は、病院で相談の上、慎重に使用してください。

ほかにミノキシジルが1%配合された女性用の育毛剤も市販されています。 ツゲインは濃度が2倍なので、それだけ高い効果を期待できますが、副作用が気になる方は低濃度の育毛剤から始めるのも良いでしょう。 効果が実感できないときは、ツゲインに切り替えるのもひとつの方法です。

女性がAGAを治療する場合は病院の何科に行けばいいか

男性用の治療薬はかなり普及が進んでいて、普通の皮膚科病院でも取り扱っているところが少なくありません。 しかし女性の本格的な薄毛治療は、まだ一般的ではないせいか、皮膚科や外科では行っていないことが多いようです。 そんなときは女性専門の薄毛治療クリニックを探してみるとよいでしょう。 ただし保険が利かないので、病院では原則として自費診療になります。

薄毛治療専門の病院が近くにないときや、診察を受けるのが面倒なときは、ツゲインなどの育毛剤を個人輸入するという方法もあります。 病院で購入するよりも値段が安い上に、診察費もかからないので、経済的には負担がずっと軽くなります。 ただし万が一副作用が出た場合の補償はないので、自己責任で利用することが求められます。

女性の薄毛の原因はひとつではなく、ホルモンバランスのほか生活習慣やヘアスタイルなどにも大きな影響を受けています。 それに合わせて治療方法も変えていかなければなりません。 ツゲインは即効性が期待できる育毛剤ではなく、最低でも3か月~6か月は続けて使う必要があります。 それでも効き目がないという方は、他の原因があるかもしれないので、専門の病院で相談してみるとよいでしょう。