AGA治療で頻尿になる?AGA治療のデメリット

AGA 薄毛に悩む人がクリニックでAGA治療を受けた場合、プロペシアという薬を処方されることがありますが、人によっては副作用により、頻尿の症状が起こる場合があります。 我慢できないほどの尿意が頻繁に起こると、仕事中の場合は困りますし、旅行先でも落ち着かなくなるので、そのようなデメリットに耐えられないなら、お医者さんに相談するようにしてください。

頻尿とは、尿が近くて、一日に何度もトイレに行きたくなる症状のことで、就寝中に何度も目が覚める人も珍しくありません。 トイレに行きたくなる回数というのは個人差があるものの、健康な人の場合は日中に5回、夜間に0回~1回程度が普通で、1日に8回以上排尿したくなる人は、頻尿だといわれています。

高齢になると、過活動膀胱や前立腺肥大になる人が増えるので、頻尿を起こしやすくなりますが、若くて健康な方で、AGA治療を受けているなら、プロペシアが原因の可能性があります。 もともとプロペシアはAGA治療薬として開発されたものではなく、前立腺肥大症の薬として開発されたため、尿の機能に問題が起こりうる可能性は否定できません。

頻尿が起こる理由は、AGA治療で処方される薬が原因ではなく、何らかの病気が原因の場合もあるので、はっきりさせたいときは検査を受けた方が良いでしょう。 病気が原因で頻尿になっている人は、AGA治療は関係ないので、尿道や膀胱の病気を治す必要があります。

過活動膀胱や前立腺肥大のような病気以外にも、尿道から侵入した細菌感染による、尿路感染でも頻尿になるので、もし検査で見つかったら速やかに治療を受けてください。 病気の場合はAGA治療とは違って保険がきくので、それほど多くの費用をかけずに治すことが出来ます。

もともとは前立腺肥大症の薬として作られたプロペシアにより、頻尿のようなデメリットが起こるケースは少ないと考えられています。 しかし副作用は人によって違うので、注意しておくべきですし、不快な症状があらわれたら、すぐにお医者さんに話すことが大切です。

プロペシアを服用する人に多い症状は、性欲減退や男性機能の低下などですが、これらの副作用は男性にとってはかなりのデメリットに感じてしまうでしょう。 あまりにも症状が重い場合は、他の薬に変更すれば良くなる可能性もあるので、服用を始めてから問題が起こったら、クリニックに相談するようにしてください。 AGA治療薬は複数あるので、自分に合ったものを使えば、安心して長く続けていくことが出来るでしょう。

保険適応外のAGA治療

AGA治療は長期で続けなければならないので、少しでも出費を減らすためにも保険の適応を望んでいる人は多くいます。 しかし残念ながら保険適応外なので、日本全国どこのクリニックに行っても、全額自己負担となります。

AGAは病気ではなく、放置していても命にかかわるようなことはないため、厚生労働省が定めた医療保険の適応からは外れています。 AGA治療は美容整形と同じ分類になっているので、保険適応外になります。

保険適応外というのはかなりのデメリットに感じるでしょうが、何らかの精神的ショックにより薄毛になったり、他の病気が理由で脱毛し、AGA治療を受けなければならないときは、保険が適応されることもあります。 税務署や税務署職員に認められると、医療費控除が適応されるので、自分のケースが当てはまっているかを知りたいときは、相談に行くと良いでしょう。

また、1年間に行った家族全員のAGA治療の診療費や薬代などの合計が100,000円以上となったときは、税金分が返ってくることがあります。 しかしこれは必ずしもそうではないので、税務署に問い合わせるようにしてください。 AGA治療は自由診療なので、一般的には医療控除費が適応されないと思っている方は多いですが、適応されたらお得になるのであきらめないことが大切です。