AGA治療は継続して成功?期間はどれくらい必要か

AGA治療について説明する医師 男性の多くが悩まされている薄毛は、男性ホルモンが作用して起こるAGA、又は男性型脱毛症であることが一般的です。 それ以外の脱毛症もありますが、頭頂部や生え際の髪が細くなったり頭皮が脂っぽくて薄毛になってくる場合は男性ホルモンが作用しているケースが多く、そうした症状は男性型脱毛症として医療機関で治療が行われています。

AGA治療が受けられる医療機関は皮膚科や美容外科、美容皮膚科などがありますが、発毛専門のクリニックでは個人の症状に合わせてサプリメントの処方や施術がうけられるため、発毛効果を実感できるまでの期間が短かったり発毛効果が高いと口コミでも評判です。

AGA治療は男性ホルモンを抑える薬を処方され、それを毎日服用することで薄毛の進行を食い止め、あたらしい髪が生えてくるのを促進します。 治療を継続することで発毛を促進することが出来るため、すぐに効果が出るというタイプの治療ではありません。 AGA治療の成功例の症例写真はインターネット上で多数見られますが、多くの場合は最低でも半年から数年間は治療が継続されています。

AGA治療に使われる薬は即効性があるものではなく、長期間継続して使うことで症状改善に成功することが出来るものです。 ホルモンに作用する薬を使う以外にも様々な施術やサプリメントなどを使った治療もありますので、一定の期間以上治療を継続することが最も薄毛の防止に効果があるといわれています。

AGA治療を行っている方で、効果が見られないという方がいますが、それは効果が出るまでに少し時間がかかるからで、最低でも半年は治療を継続する必要がありますし、できれば年単位で治療をつづけることで髪が太くなったり抜け毛が減るといった効果を実感することが出来ます。

多くの成功例では長期間の治療を行った結果薄毛が改善されていますので、現在薄毛に悩んでいる方は年単位での治療を行う予定で取り組むことが重要です。 長期間通院することになりますので、クリニックは通いやすいところを選んだり、全額自費となる支払いを少しでも軽減できるよう治療費の安いクリニックを選ぶのも得策です。

薄毛治療にかかる費用には健康保険が適用されないため、自費での治療となりますが自由診療ですのでクリニックによって使う薬や治療期間、費用などが異なります。 いくつか比べて自分が通いやすいクリニックを選ぶと、途中でやめることなく通うことができるでしょう。

AGA治療を途中で止めるとどうなるか

AGA治療を行っている方の中には効果があらわれないので途中でやめてしまったという方が少なくありません。 確かに治療は自費ですので毎月1万円以上の費用が掛かりますし、3か月程度続けてみて全く効果が実感できない場合は治療を断念してしまうというのも一理ありますが、AGA治療はもともと効果が出るまでの期間が長めであるのが特徴ですので、少なくとも半年、できればもう少し長い目でみて治療を根気よく行うことが重要です。

実際、AGA治療を途中でやめてしまった方がその後抜け毛が多くなったというケースもあります。 それは男性ホルモンをブロックする薬を飲んでいたものを突然やめたことによるもので、効果がないと思っていた作用が実は効果が出ていたという証でもあります。 薬をやめて抜け毛が増える場合は、男性ホルモンの作用をしっかりブロックできていたという証ですので、もう少し根気強く薬を続けてみると良いでしょう。

効果があまり感じられない場合、クリニックを発毛専門のクリニックに帰るという方法もあります。 オーダーメードの治療を得意とする専門医が一人一人に合った治療を行いますので、最も発毛効果の高い方法を提案してもらうことが出来ます。